借金返済について実績ある専門家に相談する

Posted by pleasantspringsfarm on 11月 09, 2017
債務整理

返済は自力だけでは厳しい可能性も

借金返済の一般的な手順としては、まずおまとめローンや借り換えローンを利用して自力での返済を行います。自力での返済が困難な場合には債務整理の手続きを行うことになりますが、弁護士や司法書士など実績のある専門家に相談することが重要です。債務整理を行った情報は信用情報機関に5年から10年にわたって登録されます。そのため可能な限り自力で返済することが重要です。また債務整理の手続きには任意整理と特定調停、民事再生、自己破産が存在します。借金返済が困難となり債務整理を行う場合には、まず任意整理を行うのが通常です。任意整理は債権者と債務者による私的な協議で、債務の減額交渉が成立すると和解契約書が作成されます。和解契約書は債務名義ではないため、その後の返済において債務不履行が発生した場合でも直接的に強制執行されることはありません。特定調停は任意整理と同様に債権者と債務者が債務減額について協議を行うものですが、裁判所の介入を受けます。債務名義である調停調書が作成されるため、債務不履行が発生した場合には強制執行を受ける可能性が存在します。

債務整理という選択

まず任意整理を行い、交渉が成立しない場合には他の手続きを裁判所に申し立てます。自己破産は生活に必要な最低限度の財産を残して換価処分が行われます。債務の全額が免除されますが、基本的に全ての財産を手放す必要があります。住宅などの財産を残したまま借金返済を行いたい場合には、他の手続きを利用します。自己破産は全ての手続きの中でも最終手段です。民事再生は5000万円以下で住宅ローン以外の債務を減額します。全ての債務で利用できるわけではないので注意が必要です。

民事再生の申立て

民事再生を申し立てた場合には、住宅を維持したまま減額された債務を計画的に返済することになります。自己破産以外の債務整理の手続きは、減額された債務を返済することになるので利用するのに一定の収入が必要です。自己破産であれば無収入の場合でも利用できます。生活保護を申請する場合には、全財産を処分する必要があります。自己破産を行うと財産を処分することになるので、収入がなければ生活保護を申請できます。債務整理を行う場合には実績のある弁護士や司法書士に依頼することが重要です。弁護士などが受任すると、債権者は受任者と交渉することになります。また貸金業者は弁護士などの受任通知を受けると直接的な取り立てができません。そのため債務者は落ち着いて債務の返済を行うことができます。

効率的な返済を実現

債務整理を行うと信用情報機関に登録されることになるので、まずはおまとめローンなどを利用して自力で返済することが重要です。一般的な消費者金融業者などのカードローンは貸金業法による総量規制の対象とされるため、年収の3分の1を超える融資を行うことが禁止されます。一方銀行系のカードローンや消費者金融業者が提供するおまとめローン、借り換えローンは総量規制が適用されません。これらを利用すれば安い金利で効率的な返済が可能です。

Comments are closed.