借金返済は効率的におまとめローンを利用する

Posted by pleasantspringsfarm on 8月 02, 2017
債務整理 / 借金返済は効率的におまとめローンを利用する はコメントを受け付けていません。

生活上、トラブルに遭うこともあります。事故や病気などにより一時的に仕事を離れてしまい収入が減少してしまうことや無収入といった時期が続いてしまうと生活のために借金をするという方もいます。また、買い物のしすぎやギャンブルなどによって、毎月の収入よりも支出が大きくなり借金を抱えるなどさまざまなケースがあります。

一社だけならば定期的に借金返済をしていけばいずれは完済することになりますが、複数社から借金をしている場合には、返済に一苦労してしまいます。できるだけ効率的に借金返済をするためにはおまとめローンを利用して借金を一本化するといいでしょう。

おまとめローンとは?

おまとめローンの場合には、複数社から借金がある場合に借入先を一箇所にまとめることができます。借入先がいくつもあると、返済もそれぞれに入金する必要があるため、管理がしにくいという点や借りた本人がいくらの借金をしているのかが把握しにくいという点があります。そのため、返済を一箇所にまとめることで把握しやすく返済の計画が立てやすくなるというのがおまとめローンのメリットです。もう一つのメリットとしては、金利が安くなる可能性がある点です。各社から借金をした場合にそれぞれの金利などがありますが、おまとめローンでまとめると金利が安く済むことになり返済する金額の負担が減ることになります。元金が減ることにはなりませんが、少しでも金利が下がれば金銭的に返済の負担が減ることになり効率的に返済をすることができます。

審査について

ただし、おまとめローンにも審査があります。借金の滞納などがある場合には、審査に通らない可能性がありますが、返済などをしっかりと行っている場合には、定職についていること、収入が安定していれば基本的に審査はクリアすることが多い傾向にあります。
借金を抱えてしまうと、生活を見直すことも大切です。節約をして金銭面的に余裕を出すことでそれを少しでも多く借金返済にまわすこともできます。完済までに長い期間、かかってしまうことで利息などによりかなりの額を払うことになるため、効率的に返済をする場合には、生活状況の見直し、そして節約をして少しでも多く返済していくことを心がけていきましょう。おまとめローンを利用することで効率よく返済することができ、利息に関してもある程度負担を減らすことができますが、それでも完済するまで払い続ける必要はあります。

少しずつ改善を

自分なりに生活の改善をしていくことで節約を心がけ、それ以外にも対策としてファイナンシャルプランナーにアドバイスを求めるなどできる限りのことをして、できるだけ効率よく返済できるように生活状況を改善していくことが大切です。借金を完済後は、生活にゆとりがでるように貯金を定期的にしておくことで、急な出費にも対応できるように節約を続けていきましょう。そうすることで借金することなく生活を成り立たせていけるようになるため日々、心がけていくことが大切です。

借金返済は簡単に見えて実はとても大変でした

Posted by pleasantspringsfarm on 7月 25, 2017
債務整理 / 借金返済は簡単に見えて実はとても大変でした はコメントを受け付けていません。

借金返済は簡単に見えて実はとても大変でした

というのは自分は住宅ローンを30年で組んだのですが、これがとても大変でした。ローンを組んだ当初はまあ何とかなるだろうという感じでしたが、給料は上がらないしローンは毎月必ず返済が必要だしということで、とんでもない苦労をしました。何とか今は完済してはいますが当時はとてもやっていられないと感じたものでした。今であれば絶対にあの苦労はしたくないという感じでした
何しろローンを返済するためにアルバイトなどもやりましたし、親戚の農業お手伝いもしました。休日は副業でなんとかしのぐという感じでなんとか返済をしていたというところです。会社の給与が思ったほど上がらないということもありましたが、毎月確実に返済が必要になるということが本当の意味で分かっていなかったというとこが大きなところでした。特に子供が大きくなるとお金がかかるということを理解できていなかったところが失敗でした。子供はどんどんとお金がかかっていくのに対して、給与は上がらないというわけですから、これが成り立たなくなるのは今考えれば当然でした。住宅ローンは金利負担がかなり重いということも理解出来ました。何しろ支払った総額の三分の一ぐらいは金利負担分です。つまり、2000万円の物件を買ったのに払ったのは2000万円近くというわけですから、これがいかに凄い金利なのかということがわかります。毎月の負担ということでどれだけの金利負担となっているのかを分かりにくくしているのがこの住宅ローンというものだということがわかりました。

返済計画が..

とはいっても返済計画通りなので文句をいえるものでもありません。だいたいこれぐらいの金額になるとすごい金額というだけで、2000万円も3000万円も似たようなものに見えてくるのが不思議です。二万円と三万円の違いは分かるのに、こうした金額になると現実味がなくなるので、まあいいかというような感じになってしまうのが不思議です。人は自分の手に余るような金額を見ると冷静な判断が出来なくなるということがあるのかもしれません。それだけに物件を購入した時にはうれしさがいっぱいということはありました。そういう意味では、返済が終わって良かったという感じはしています。返済が終われば苦労もまあいい経験だったかなというような感じで語ることが出来るような感覚もあります。二度と当時のような苦労はしたくはありませんが、まあ二度とするようなこともないでしょう。子供たちは大きくなっていますし、自分も住宅を手にしていて他にローンのようなものも組んではいませんから、これから自由な生活をすることが出来るような感じがします。最も年金などはあてにはなりませんから、これからも働いていこうとは思います。ただ、住宅ローンの返済時のような苦い経験がありますから、これからは堅実に働いていこうという感じではいます。それで十分でしょう。