借金返済の目処が立たない場合は法律事務所へ債務整理の相談を

Posted by pleasantspringsfarm on 11月 09, 2017
債務整理

返済の目処、立たなければ法律事務所へ

ちょっと手元のお金が足らないからといって気軽な気持ちで貸金業者などからお金を借りてしまうと、その金利の高さによる返済負担の大きさのためになかなか返済が進まないケースを耳にします。その場合によく問題になるのが、毎月の返済が滞りそうになったために、別の貸金業者からお金を借りて当面の返済を済ませる、というパターンです。その月の返済はそれで切り抜けられるかもしれませんが、翌月以降の返済もそのようなことを行っていると、他の業者からの借金が膨れあがってしまいます。こうなると、複数の業者からの借金がかさんで、どの業者に対しても借金返済が困難となる、いわゆる多重債務の状態に陥ってしまいます。
借金返済が難しくなってきたと思ったら、別の業者からの借金を重ねる前に、法律事務所に相談してみましょう。法律事務所では、このような状況への対応経験が豊富な弁護士が的確なアドバイスをしてくれます。多くの法律事務所では、相談については無料であることが多いため、借金で首が回らなくなってしまう前に速やかに相談されることをおすすめします。

債務整理が最善?

多重債務の状態に陥ったときに弁護士から提案される一番目の策は、債務整理です。多重債務の状態では、どの業者からどのぐらいの借金があるのか、お金を借りている本人ですらわからなくなっている状態が多いです。債務整理では、まず、現在抱えている借金の額を把握することを目的として、それぞれの貸金業者からの借金を正確に再計算します。
なお、過去に、高い金利で貸金業者からお金を借りていた場合には、過払い金が存在することがあります。数年前まで、貸金業者においては、利息制限法を超える違法な金利でお金を貸し付けることが常態化していたのですが、その超過金利に対して余分に支払った利息は、過去に遡って業者に対して返還を請求できるのです。この過払い金請求は、個人でも行うことはできますが、それには多少の法律的知識が必要で、また、このような手続に慣れない場合はかなりの時間と手間をかけてしまうことにもなりかねません。債務整理を法律事務所に依頼しているのであれば、この過払い金請求についても、その法律事務所の弁護士に一緒に依頼してしまった方が手間がかからず、楽です。
債務整理で借金総額を把握し、過払い金請求によって過払い金を取り戻してもかなりの借金が残ることがわかった場合は、弁護士に依頼して、無理なく借金を返済することができるよう、貸金業者に対して、返済負担軽減の交渉を求めることができます
なお、業者側としては、このような返済負担軽減の要求をそのまま飲む必要はなく、要求や交渉を拒否することもできます。ただし、このような交渉を拒否したことにより、借り手が自己破産してしまうと、借金が帳消しになってしまい、貸し付けたお金を回収できなくなってしまいます。そのため、回収不能となりそうな場合には業者も柔軟に対応してくれることもよくあります。

Comments are closed.